2010年04月01日

10年前の今日。

10年前の今日、我が家の初めての子供が誕生しました。

結婚して4年目、なかなか子宝に恵まれずやっとできた子供です。

初めての子供ということで、確か性別は教えてもらえなかったと思います。


父ちゃんと二人で、未だ見ぬ赤ちゃんの名前を一生懸命考えましたね。

自分たちの初めての子供の名前だし、なんかすごい責任というか、本当に自分たちで安易に決めていいのか、決められるのか、不安でした。

命名って親としては、ペットやお人形に名前を付けるのとは全く違う一種の厳かな儀式みたいなもんですね。


名づけ本やもちろん姓名判断の本にもお世話になりました。
出産予定が迫ってきても、まだはっきりと決められない、そんな状態でした。

画数を調べるのも大変。何回も数えては順番に足してその意味を調べて、大吉だ凶だと喜んだりがっかりしたり。

結局、父ちゃんが自分の好きな名前をあっさりと決めてしまった悔しい思いが残ったような。。。。

最後に良い画数を持ってくることでちょっぴり抵抗しました。


今、こんな便利なサービスを発見しました。


「達人の命名」

一番気になる価格も、名前関連の本を4冊5冊と買ったことを考えるとえっ、こんなに安くていいのって感じ。

内容も簡単そうだし、クリックひとつであれこれ機能も充実していますね。



これが10年前にあったら、きっとあんなに思い悩む日々を送らずにすんだかもしれません。

でも、それもまた良い想い出になっています。

今の長女はやっぱり今のこの名前じゃなきゃ、私たちにとってはしっくりこないんだろうな。





posted by ohakjm at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。